働きながら税理士を目指す方法

働きながら税理士を目指すための方法

働きながら税理士を目指す!税理士試験の基礎知識

「将来のことを考えて、高収入の職に転職したい!」、「専門知識を身につけて世の中の役に立ちたい!」など、社会人になってから税理士を目指す人は多く、その理由も様々です。
そもそも税理士になるためには、その第一歩として国家試験の中でも最も難しい試験の1つと言われている税理士試験に合格することが必須となりますす。また、この試験に合格するためには、関係する数ある科目の中から最低でも5科目の試験に合格することが求められており、優秀な人であってもそれなりの年月を要することでも有名です。個人のレベルや勉強に費やせる時間、方法などでも合格までの時間は大きく変わってきますが、最低でも2年、長い人では10年近く学習に時間を割いた上で合格を勝ち取る人もいるほどです。
学生の間でも人気の職種の1つであり、一度社会人となった人でも、税理士を目指すために一念発起して無職で試験合格を目指している人も多いため、競争率の高い世界であることは言うまでもありません。
そして何よりも、税理士試験に合格をしたからと言ってすぐに税理士になれるという訳ではなく、多くの場合は実際の税理士事務所での経験が必要になるため、現職が税理士事務所などではない場合、道のりは更に長くなります。
とは言え、働きながらでも努力を重ね、税理士となる方も多くいらっしゃいます。
強い意志で臨むことや、スケジューリング管理の徹底、現職の経験など、社会人ならではの特徴をうまく生かしていくことが成功のポイントです。
このサイトでは、働きながら税理士試験合格を目指し、税理士になるまでの方法をまとめました。数ある方法の中から、ご自身に合った方法を見出し、夢の税理士を目指していきましょう。

TOPへ戻る