働きながら税理士を目指すための方法

>

働きながらでも実現可能!税理士の目指し方

数年の期間を要する税理士試験

国家資格の中でも特に難易度が高いことで知られる税理士試験ですが、その理由としてまずは受験科目の多さが挙げられます。全11科目のうち、計5科目の合格が必要になりますが、その1つ1つのボリュームと難易度のため、働きながら目指す人の多くは1年につき1科目の合格を目指します。少しでも早い合格を目指す場合には、それに伴った学習量が必須です。
各受験科目の合格点数の目安は60点以上と言われていますが、毎年の合格率がほぼ一定というデータもあり、決まったレベルに達すれば誰でも合格ができる訳ではないのも特徴です。
税理士試験合格を目指す人の中には、学生に加え、無職となり勉強一筋という人もライバルとなるため、働きながら目指すとなると相当の覚悟が必要になると言えます。
また、学習するための学費、受験料に加え、税理士として働くためにも登録費などが発生するため、それなりにお金もかかります。

税理士試験の受験科目

好きな科目を5つ選んでいい訳ではなく、必須科目や選択科目など、条件付きで選ぶ必要があります。
11科目とは、簿記論・財務諸表論・所得税法・法人税法・相続税法・国税徴収法・固定資産税・消費税法・酒税法・住民税・事業税です。簿記論と財務諸表論は会計科目に属するもので、必須科目です。その他は税法科目と呼ばれ、その中でも所得税法と法人税法は選択必修科目、どちらか一方を選ぶ必要があります。そして残る7科目から2科目を選ぶことになりますが、その中でも消費税法と酒税法、住民税と事業税は同時に選ぶことができないため、どちらか1方の科目を選択する必要があります。
それぞれの科目でボリュームや難易度が異なるため、効率的な学習を進めるためにも、自身の得意分野や状況と照らし合わせて選択することが賢い方法と言えます。


TOPへ戻る