働きながら税理士を目指すための方法

>

税理士を目指すための環境やモチベーション維持のコツ

勉強するためのスケジューリング

働きながら税理士試験合格を目指す場合、少しでも早く試験に合格するとなるとある程度の我慢は必要になってきます。
飲み会の回数を減らすこと、趣味の時間を減らすこと、家族との時間を減らすことなど、息苦しく辛い部分もありますが、犠牲にした結果得られるものも大きいことは間違いありません。数年の年月を要するため、一度ダラけてしまうといつまでたっても受からず年齢を重ねていたということにもなりかねません。ある程度の勢いは重要です。
また時間配分として、できるだけ自分の中で学習をルーティン化しておくと継続しやすいでしょう。例えば、早起きをして出勤までの1時間を勉強に当てる、退社後1時間は決まったカフェで自習してから帰宅するなど、誘惑をシャットダウンして、まとまった時間を確保するのがおすすめです。
忙しい人の中には、出勤時間やランチタイムなど、隙間時間で学べるツールなどをうまく活用している人も多いようです。

モチベーションを保つ環境づくり

人付き合いの多い方や家庭がある方、特にお子さんがいる方となると、本業の仕事以外にも割かなくてはならない時間も多いことと思います。
周囲との関係も良好に保ちながら自分の勉強に集中するためにも、あらかじめ自分の状況を理解してもらうことも大切な環境づくりの1つです。
本業の仕事よりも勉強を優先させてくれるという会社はさすがに少ないですが、本業にも生かせる勉強を応援してくれる会社は多く、飲み会の場などでちょっと早く帰宅するなど、理解してもらいやすい場合もあるようです。
学校に通う場合は、生徒同士の交流もモチベーションを維持するには効果があるという人も多いです。同じ夢を持って取り組んでいる状況だからこそ高め合うことができ、息抜きにもなって一石二鳥です。
ご自身に合った学習ペースを見つけ出し、オリジナルの学習方法を定着させましょう。


TOPへ戻る